Menu

院内風景

Home
設備について
・ベッド数48床をご用意しており、各ベッドには無料のテレビを設置しております。
また、そのうち1床は、隔離透析室となっております。
・水処理装置・透析液供給装置・患者監視装置を完備・多人数用透析装置・個人用透析装置等、完備しております。
当院の透析の特徴について
オンラインHDF、リクセル
当院では、オンラインHDF治療を積極的に行っております。
HDFとはHemodiafiltration(血液透析濾過)の略で血液透析(HD)と血液濾過(HF)の利点をあわせた治療方法になります。透析を行いながら濾過も行い、濾過した量と同じ量を補充液として注入します。オンラインHDFは補充液に超純度に清浄化された透析液を使用するシステムで、これにより大量の濾過を行うことができ、様々な尿毒症物質を取り除くことができます。オンラインHDFには皮膚掻痒症(かゆみ)、骨・関節痛、レストレスレッグス症候群(下肢のむずむず)の改善または軽減、透析アミロイドーシスの予防などの臨床効果が報告されております。
また、透析アミロイドーシスを合併した患者様には、オンラインHDF治療に加えて、透析アミロイドーシスの原因物質を吸着する吸着カラム(リクセル®)を併用した治療も行っております。

フットケア
透析患者様は糖尿病などが原因で動脈が硬くなったり(動脈硬化)、血管にカルシウムがくっついたり(動脈石灰化)することにより、足の血流が悪くなりやすいといわれています。血流の悪い状態で、足に傷ができるなどのトラブルが起きると、深いキズ(潰瘍)になりやすく、さらに透析患者様は、免疫力が低下しているため、潰瘍に細菌が入った場合、感染を起こしやすく、その結果切断につながる可能性が高いといわれています。
当院では患者様の足を守るため、定期的なフットケアを行い、異常の早期発見に努めております。

シャントエコー
血液透析治療に必要なシャントは時間が経つにつれたさまざまな合併症が起こることがあり、透析中にトラブルが生じることもあります。これら合併症の状態やトラブルの原因を調べるための検査として超音波診断装置(エコー)を使ってのシャントエコー検査があります。
当院では、熟練したスタッフによる定期的なシャントエコーを行い、シャントトラブルの早期発見、防止に努めております。
院内風景
透析室: 外来透析で使用します透析室はワンフロアを開放して、広々とした明るい雰囲気の中で治療が受けられる場所となっております。
透析室: 外来透析で使用します透析室はワンフロアを開放して、広々とした明るい雰囲気の中で治療が受けられる場所となっております。
休憩室: 休憩室もご用意しておりますので、治療後にゆったりくつろぐことができます。お食事をご用意しておりますので、受付にてお問い合わせ下さい。
外来患者様用ロッカー: こちらで着替えなどをしていただき、透析治療の準備をしていただきます。貴重品などはこちらに保管をお願いいたします。
一般外来待合室: えいじんクリニックでは患者さん同士の交流もあり、和やかな雰囲気でお話をされたりなどして過ごされております。
受付: 保険証の確認は、毎月月初めに実施しますので、受付に提出をお願いいたします。
面談室: 治療についてのご相談、治療スケジュール調整など、患者様とのお打ち合わせはこちらで行います。

〒254-0018
神奈川県平塚市東真土4-5-25
TEL: 0463-53-3211
FAX: 0463-53-3216
倉田会
倉田会メディカルサポートクリニック
しんど老人保健施設
しんど訪問看護ステーション
平塚市高齢者よろず相談センター 倉田会